2012年07月27日

なでしこ高視聴率、深夜で驚異の15.2%

なでしこ高視聴率、深夜で驚異の15.2%

サンケイスポーツ 7月27日(金)7時51分配信

 ロンドン五輪サッカー女子1次リーグ初戦でなでしこジャパンが2−1で勝利した「日本×カナダ」がテレビ朝日とNHK BS1で中継され、合わせて15・2%の高視聴率を獲得したことが26日、分かった。

 地上波のテレビ朝日(深夜0・20)では平均視聴率で11・8%(ビデオリサーチ、関東地区調べ)を記録し、瞬間最高で14・5%(同)。日本女子サッカー初の金メダル獲得に向け快勝したなでしこへの期待感が、深夜としては異例の高視聴率となって表れた。

 試合開始は日本時間26日午前1時。瞬間最高は同2時37分ごろで、試合後半38分、2−1のスコアで日本がMF沢穂希選手(33)を中心に攻勢に転じた場面だった。

 番組視聴占拠率も45・4%を記録し、同時間帯でテレビをつけていた世帯の約半数がサッカー中継を見ていたことになる。この試合はNHK BS1でも中継され、午前1時〜同50分が3・4%、同53分〜同3時までが3・3%だった。

 昨年7月18日に中継され、なでしこが世界一に輝いたW杯ドイツ大会決勝「日本×米国」では、午前5時〜6時半で21・8%(同)を記録しており、テレビ各局は「深夜帯ではサッカー中継が高視聴率を記録するケースが多い」と口をそろえる。なでしこの快進撃が続けば、さらなる高視聴率をマークする可能性は高い。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。