2012年12月03日

宮迫、胃がんの疑い…岡村は盟友に励まし

宮迫、胃がんの疑い…岡村は盟友に励まし

サンケイスポーツ 12月3日(月)7時51分配信

 消化器系内臓疾患のため入院、手術する雨上がり決死隊の宮迫博之(42)に胃がんの疑いがあることが2日、分かった。関係者によると、仮にがんだとしても初期症状で早期発見だという。お笑いコンビ、ナインティナインのボケ担当、岡村隆史(42)はこの日、東京・台場のフジテレビで行われた漫才日本一決定戦「THE MANZAI 2012」(16日放送、後5・30)の組み合わせ発表で、若手時代に苦楽をともにした宮迫に「大丈夫。復活しますよ」と熱いエールを送った。

 11月初旬に受けた人間ドックで胃に異常が見つかり、精密検査を受けている宮迫に、がんの疑いがあることが分かった。

 ただ、関係者によると初期の段階で、手術で摘出すれば問題ないという。宮迫は、今週半ばに入院して開腹手術になるため、仕事をすべて長期休業する。普段から定期的に健康診断を受けるなど、体調に人一倍気遣っていた結果が、早期発見につながったようだ。

 ただ、レギュラー10本を抱える売れっ子だけに、相方の蛍原徹(44)が1人でこなすのか、代役を立てるのかは未定で、テレビ各局ともに対応に追われる状態。

 この日、「THE MANZAI」の組み合わせ発表後に行われた会見では、報道陣から宮迫について聞かれたナイナイの2人が宮迫に激烈エールを送った。

 まずは矢部浩之(41)が「心配してますけど、大丈夫ですよ、あの人は。ゴリラ(のようにたくましい)ですから。元気になって戻ってきてくれると思います」と、力強くコメント。続けて岡村は「(出演する育毛シャンプー『スカルプD』の効果で)毛もあんだけ生えてきたし。復活しますよ、あの人は」と早期復帰を願った。

 ナイナイにとって雨上がり決死隊とは、1991年に結成した吉本興業の若手芸人お笑いダンスユニット「吉本印天然素材」で、苦楽をともにした“同僚”。特に岡村にとって宮迫は、一昨年に体調不良で5カ月間の長期休養をした際、親身になって心配してくれた仲間でもある。

 早期復帰を願うナイナイのエールは宮迫にも届いたに違いない。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。