2012年12月31日

メダリスト恩返し!思い入れ歌手の曲紹介/紅白

メダリスト恩返し!思い入れ歌手の曲紹介/紅白

サンケイスポーツ 12月31日(月)7時51分配信

 大みそか放送の「第63回NHK紅白歌合戦」(後7・15)のリハーサルが30日、東京・渋谷のNHKホールで行われた。ゲスト審査員、企画ゲストとして登場するロンドン五輪メダリスト6選手のうち、柔道の松本薫選手(25)ら5選手が思い入れのある歌手の曲紹介を担当することが明らかになった。レスリングの吉田沙保里選手(30)が優勝旗を渡すことも決まり、日本に感動を与えた6選手が紅白のステージも盛り上げる!

 紅白のステージが、金銀銅10個のメダルのまばゆい輝きに包まれる。

 競泳の入江陵介選手(22)は前半の三代目 J Soul Brothersを担当。8月にはJSBのステージに銀2、銅1の“戦利品”を持って訪れるなど親交があり、JSBの歌唱曲「花火」を五輪中に聴いていた思い出とともに振り返る。

 JSBの対戦相手となる水樹奈々(32)を紹介するのは同じく競泳で銀1、銅2の活躍を見せた鈴木聡美選手(21)。水樹の本業でもある声優に憧れていたことから決まり、競泳選手同士の“対戦”が実現した。

 ナオト・インティライミ(33)の「Brave」を担当するのは、女子サッカー史上初のメダルとなる銀を獲得した澤穂希選手(34)。ナオトとはオフにサッカーを楽しむ“蹴り仲間”で、試合前に元気をもらった同曲を紹介。歌唱中なでしこジャパンの映像が流れ、映像と歌で再び日本に勇気を与える。

 こちらも卓球女子史上初メダルとなる銀(団体)に輝いた石川佳純選手(19)は、キレのあるダンスと歌声が大好きという倖田來未(30)を、柔道唯一の金メダリストとなった松本選手は大ファンでパワーをもらった西野カナ(23)の「GO FOR IT!!」を紹介することに決まった。

 紅白×五輪コラボのメーンイベントは、同局五輪テーマ曲「風が吹いている」で紅組のトリを務める男女3人組、いきものがかりのステージ。バックには五輪の感動シーンが流れ、終盤にはメダルにちなんだ金銀の紙吹雪が舞う中、吉田を含む6選手がメンバーの後方へ。紅組歌手ともに思い出の同曲を合唱し、当時の感動を再現する。

 さらに、金メダルに加え、世界選手権で前人未到の13連覇を達成し、国民栄誉賞を受賞した吉田選手が優勝旗を手渡すことも決定。“霊長類最強”から受け取るのは白組の嵐か、紅組の堀北真希(24)か。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/310786275

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。